スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この世 異聞」・「この世 異聞 其ノ弐」感想記録。

この世異聞1この世異聞2
※画像はお借りしています。※

4年ぶりの続編が出たということで早々に購入していたんですが、聴くのを後回しにしていた作品。
しかし、メーカー倒産というセンセーショナルな事件が起こり、慌ててCDの山から前作も引っ張り出して、2作ぶっ続けに聴きました。

【ストーリー】
「この世異聞 」

同居していた祖父が亡くなり、両親も居ない山根昭雄(声:岸尾大輔さん/現・岸尾だいすけさん)は、不治の病にかかってしまいます。
そんな昭雄の前に、家の仏壇の香炉から突然現れたのが、犬の耳と尻尾を生やした全裸の男。
その男は、昭雄にセツと名付けられます。
「山根家の先祖に恩があり、趣味で代々山根家一族を守っている。」と言うセツ。
彼は、病気を治して欲しいと言う昭雄の願いを叶える為、文字通り、昭雄の体内の病魔を「喰って」くれます。
セツは、昭雄の幼馴染で同僚の鳩木哲市(声:遊佐浩二さん)や上司の南浦啓一郎(声:飛田展男さん)にも受け入れられ、昭雄の病気も徐々に治っていきます。
しかし、病気が治るという事は、セツとの別れを意味していて―――。

「この世 異聞 其ノ弐」
昭雄の病気が治ってからも、セツは傍に居てくれています。
でも、現れた時と同じように突然セツが消えてしまったら…と昭雄は常に不安を抱えています。
そしてセツもまた―――。

鳩木哲市は、幼い頃、よく遊んでくれた南浦啓一郎が館長を務める市民美術館で働いています。
一見普通のオジさんなのに、老若男女問わずモテる啓一郎。その彼を「笑顔が可愛い。」と気になる哲市です。
そんな哲市の気持ちに気付き、悪い気はしないながらも、何も行動を起こさず待ち続ける啓一郎。
一向に進展しない2人の関係です―――。

【感想】
い、井上さんがカッコいい
私にとってはこの一言に尽きます。(笑)
もちろん、お話も良いし他のキャストの声と演技もステキです

感想の続きは、長過ぎるので追記に記載します。ご興味ある方だけどうぞ。

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ
にほんブログ村
参加してみました。良かったらぽちっとどうぞ。
「この世異聞」
井上さん@セツは、ひたすらワイルドでセクシーな声
「先生はダミー」ではワンコな井上さんでしたが、こっちはしっかり獣な井上さんです。
病魔に喰らい付く様子すらカッコいいです。
でも、病魔に苦しむ昭雄に
「心配するな。いつもイイ事してる間に、すぐに終わるだろ。な。」
とかける声や、帰宅が遅くなった昭雄に
「おっせえんだよ。あんまり遅えからどっかでぶっ倒れてんのかと…。」
と言う声に、不器用な優しさが見え隠れします…うっとり
やっぱり、井上さんなら何だってカッコいいよ…。(結局ソレ。笑)

岸尾さん@昭雄は、最初は幸薄そうで全てを諦めたような頼りない声。
ハジけた岸尾さんも好きですが、こういうのもお上手です。
病気に苦しみながら、
「苦しいよ…寂しいよ…。」
「祖父ちゃんの、アホ…結局…独りぼっちじゃないか。」

と呟く昭雄の声が哀れで哀れで…
でも、セツが現れて病気が治り始めると、少しずつしっかりした声音になっていきます。

セツと昭雄の、ちょっとコミカルなやり取りが面白いです。
昭雄:「エロ全裸が。納豆の臭い撒き散らして相手しちゃる。」
セツ:「ぐはっ…それは嫌だ。…え?今なんつった?“相手しちゃる”?」
昭雄:「(はっ…!これじゃあまるで、俺もシタイみたいじゃないか!)…い、今の無しっ。」
セツ:「あーそう。」
昭雄:「ハア…。(ほっ)」
セツ:「と、油断させてっ!!(がばっっっ)」
昭雄:「うわっやめろ変態っ!!」
セツ:「うへへへ、やめるか!病魔喰っちゃる!!」

セツさん…その笑い声はホントに変態です。(笑)

ラブシーンは、このお2人ですから当然色っぽいんですが、病魔をズルズル吸い出して喰らうSEまでが、その色っぽさに拍車をかけています。
特に井上さんの声が…ステキ…(結局ソレ。笑)

「この世異聞 其ノ弐」
セツと昭雄のお話は、「ええっ、もう終わり」と思ったくらい、割とあっさりハッピーエンドでした。そこまで大きな波乱は無い感じです。
でも、相変わらず岸尾さんと井上さんは美声
告白シーンは、セツの苦悩が語られて切ない…結局はラブラブなんだけど。
そして、ラブシーンもやっぱり色っぽいです

哲市と啓一郎のお話の方が、分量的には多いので、そっちのお話の方の詳しい感想をば。

遊佐さん@哲市は、朴訥とした低音声。
ここまでボソボソ喋る遊佐さんの声は、珍しいんじゃないかな…。
「下がってお待ち下さい」で、素直でカッコいい遊佐さんを聴いたばかりだったので、その違いにビックリ。さすが芸達者なお方です。
「貴方と働けるようになって、嬉しい。」
「僕は、この人の笑い方が好きなんだ。」

と、ぽつりぽつりと呟く心の声はまさに素朴。
でも、前作とちょっと声や喋り方が変わったような…気のせいかな
前作の哲市は、こんなに天然で訥々と喋るキャラという印象は無かったので、ちょっと驚きです。
それとも、昭雄に接する態度と啓一郎に接する態度は違うという演技プランなのかしら。

飛田さん@啓一郎は、いつもニコニコ能天気にも聴こえる声。
ケラケラ笑っている声は本当に楽しそうで、
「屈託の無い笑顔は、才能の一種だと思う。」
と哲市が思ってしまうのも判ります。啓一郎が、酔っ払って
「鳩木くん…あと一口だけ分けて。」
と缶ビールをねだる様子は、不覚にも私も可愛いと思っちゃったよ
でも、「何だか掴みどころが無いな~ただの明るいオジさんじゃなさそうだな~。」とも感じさせる啓一郎です。
哲市に恋愛について尋ねられ
「…そういうのは、もうたくさん。」
と答えています。
たった一言なのに、寂しそうで諦めきったような声で、何だか切ないです

そんな啓一郎ですが、両想いになってもなかなか手を出してこない哲市に焦れる様子は可笑しくてツボ。
「全くもう…!鈍いにも程があるよ君!!
私、いつまで我慢したら良いんだよ!!!ぶぁかーーー!!! 」

と絶叫する声には、盛大に吹きました。
何なのこのウブな人達…
このCPは、ラブシーンらしいラブシーンはほぼ皆無ですが、こういうもどかしい関係のストーリーなので全然OK
セツと昭雄のお話と比較すると、コメディ色が強いかな。でもほのぼの

あー面白かった
今後の展開も気になるところですが、インターコミュニケーションズが倒産しちゃってるから、続編は期待薄かな…

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ
にほんブログ村
参加してみました。良かったらぽちっとどうぞ。
FC2 Management

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

この世異聞、面白そうですね!
すごく聴きたくなりました(^-^)
井上さんの声が気になります。
遊佐さんや、岸尾さんも。
続きをどこかが引き継いでくれるとよいですね。

ということでさっそくコミコミスタジオで頼みました(^-^)b
ご存じかもしれませんが、コミコミスタジオでインターコミュニケーションズフェアが始まりました。
気分は複雑で、また悲しくなってしまいましたが…。
いくつか受付を終了しているものもありますが、初回特典がついているCDもありますので、もしまだでしたら見てみてくださいね。

いらっしゃいませ~かなさん♪

こんばんわ!

「この世異聞」面白かったですよ~。
私は井上さんの声がとても好きなので、特に満足度が高かったです♪

コミコミスタジオの件、教えて下さって有難うございます~(^^)早速見てきましたっ!
聴いてみたいのがいっぱいありました。散財してしまいそうな予感です。(笑)
でも確かに、何だか切ないですよね、「閉店セール&在庫処分」みたいな感じで。
(まあある意味その通りなんですけど…)
サイバーも並んで表記されているのが、切なさに拍車をかけます。

コメント有難うございます♪
プロフィール

Author:∞さと∞
数年前のある日、突然BLCDにハマり、奥の深い世界だな~と日々感心している、隠れ腐女子、いや違った貴腐人です。

お尋ねコーナー
BLCDファンの方のご意見が伺いたくて作ったコーナー。 お気軽にどうぞ♪
無料アクセス解析
耳コピBGM
ドラマCDで聴いて気に入っても、曲名が判らないBGMがたくさんあるので、耳コピで自分で再現してみました。そのうちの一曲をご紹介しています。↓旋律が聴き取れる部分のみを、素人の当てにならない音感で作っているので、間違いはご愛敬という事でご容赦下さい。以前の曲は、カテゴリ「耳コピBGM」からどうぞ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。